お金・住宅ローン

物件購入の予算は、預貯金と援助金、借入金の3つから算出しよう

更新日:

物件購入資金(預金・援助金・ローン)

マンションや一戸建てなどの物件探しをする時に、まず最初に決めておくべきことは物件購入の予算です。

では予算と言うのはどう算出するのでしょうか?給料、貯金、両親からの援助、住宅ローンなどいくつかりますね。

今回は物件購入の予算について、自己資金、援助金、借入金(住宅ローン)の3つの資金に分けてご紹介します。

スポンサーリンク

1.自己資金

預金通帳

これまで貯金してきた預貯金のこと、頭金になります。この貯金全額を物件購入の頭金として使うのはやめましょう

目安となるのは、最低でも3ヶ月分の生活費を差し引いた分の預貯金を計算しましょう。

また、子供の養育費は生活費以外に必要です。保育園、幼稚園、学校に通わせている子供がいれば、その3ヶ月分の教育費も差し引くことが必要です。

その他、医療費も考慮しましょう。

  • 自己資金=預貯金ー(3ヶ月分の生活費・子供の養育費・医療費)

 

2.援助金「贈与」

祖父母

親や祖父母からの資金援助のこと、「住宅取得等資金」と言います。これも頭金。最大1,200万円まで非課税で受け取れます(以前は1500万円だったが引き下げされた)。

非課税枠については、消費税額によって異なります。消費税8%と10%の非課税枠を表にまとめました。

参考:住宅取得等資金の贈与税の非課税のあらまし(国税庁:PDF)

消費税8%の場合の非課税額

契約日住宅区分
良質な住宅用家屋一般住宅用家屋
~2017年9月1,200万円700万円
2017年10月~2018年9月1,000万円500万円
2018年10月~2019年6月800万円300万円

 

消費税10%の場合の非課税額

契約日住宅区分
良質な住宅用家屋一般住宅用家屋
~2017年9月3,000万円2,500万円
2017年10月~2018年9月1,500万円1,000万円
2018年10月~2019年6月1,200万円700万円

今後どのタイミングで消費税10%に上がるのかはわかりませんが、もしなった場合は非課税枠は上がることがわかっています。

 

スポンサーリンク

3.住宅ローン(借入金)

銀行ローン

銀行などで住宅ローンなどを借り入れるお金のこと。

銀行から融資限度額まで借りると、確かに高額なマンションを購入することができますが、借入金額が大きくなるほど利子が発生するので、当然返済額も大きくなります。

返せる額を考慮しておきましょう。いくら住宅ローンを借り入れるかですが、物件価格の80%以下にするのが理想です。

 

まとめ

自己資金、援助金、借入金の2つに分けてご紹介しました。

自己資金と援助金を足した合計が頭金になります。頭金が物件価格の20%以上になるのが理想です。そうなった時に物件購入をスタートしましょう。また住宅ローンは物件価格の80%までに抑えるようにしましょう。

この2つの範囲内でおさまれば、住宅ローンを返済できるようになります。銀行で借りられる上限まで借りてしまうと、返せなくなってしまいますよ。

もし返せなくなると、折角手に入れた物件を手放さなければならなくなります。そうならないためにも、上で紹介した生活費、子供の教育費、医療費を残しながら、無理のない範囲での返済プランを立て、計画的に返済していくようにしましょう。

スポンサーリンク

関連記事と広告

カテゴリー

-お金・住宅ローン

Copyright© 後悔しないマンション購入、基礎知識と注意点 , 2019 All Rights Reserved.