中古マンション選びの注意点

中古マンション 窓のリフォーム注意点(内窓・サッシ・ガラス)

投稿日:

マンションLDKと窓

中古マンションを購入する又は購入した時に、窓のリフォームを考える方も多いかと思います。

しかし一戸建てと違い、マンションの場合はリフォームができる個所とできない個所があるのです。

住人個人の所有権となるのが「専有部分」で、マンションの所有者全員がもつのが「共用部分」になります。

その専有部分しかリフォームが出来ません。専有部分・共用部分については下の記事に簡単に説明しています。

関連中古マンションのリフォームの前に共用部分と専有部分を知っておこう

 

そのリフォームができない共用部分に「窓」が当てはまっています。「自分の部屋の中なのに共用部分なの?」ってなりますよね。

窓はできなくても、サッシやガラスは変更できないのでしょうか?個人的に色々と気になっていた内窓(二重窓)サッシガラスなどもあわせて調べてみました。

中古マンション、窓のリフォームの注意点についてまとめてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

マンションの窓はなぜ共用部分なのか?

マンションの窓とバルコニー

マンションの共用部分は、リフォームができません。その中の一つに窓も含まれています。

その理由は「中古マンションのリフォームの前に共用部分と専有部分を知っておこう」でも書きましたが、日常では個人しか使わない窓ですが、非常時になると同じマンションの住人が使う可能性があるという理由から共用部分になっています。

災害や地震などでエレベーターが使えないことが多いです。特に火事になった場合はすぐに避難しないといけません。そんな時に利用するのがベランダ(バルコニー)にある避難ハッチです。

これを利用する時に窓が異なるものになっていると、すぐに避難・脱出できません。そういう理由から全員が簡単に使えるように同じもの、「共用部分」となっているのです。

また外観を統一するという理由からも共用部分になっています。そのため窓以外にバルコニーも共用部分に入っています。

全くできないと思っていたら「壁を壊さない簡単な窓の交換はできることがある」ということが「YKK ap」のサイトに書かれていました。

ただしその中に注意書きがあって、リフォームの可否については管理組合で必ず確認することとあります。結局できない可能性が高いのですが、そのマンションごとにルールが異なるので確認するようにしましょう。

 

内窓を新設し二重窓にすることは可能

内窓を設置し二重窓にしている

窓の内側にもう一つ内窓をつける「二重窓」は可能です。その理由は内窓は専有部分だからです。もちろん個人のリフォームになります。

窓を閉めているのに車のノイズがうるさくて困っていたり、寒い部屋をなんとかしたいという方が、防音断熱にすぐれた内窓を設置するということは可能だということが同じく「YKK ap」のサイトでわかりました。

ただしこちらも注意事項が書かれていて、「専有部ではありますがマンションごとに規約が異なるので確認してからにして下さい」と書かれています。

 

スポンサーリンク

サッシ(窓枠)は変更できるの?

小さな窓とサッシ

サッシ(窓枠)のリフォームは可能なのか?という質問。

この答えは、外観を統一するという理由から違う色のサッシには変更できません

管理規約には変更可能なサッシが詳しく書かれていることがありますが、その指定されているサッシを選んでも色は統一するというルールがあるので注意しましょう。

 

ガラスはリフォームできるの?

窓ガラス

最後に「ガラスだけは変更できるの?」という質問。

この答えは、サッシ(窓枠)はそのままで、ガラスだけを交換することは可能性です。防音や断熱効果のあるガラスがありますからね。

もちろんこれも管理規約を確認してから変更するようにしましょう。

スポンサーリンク

関連記事と広告

カテゴリー

-中古マンション選びの注意点
-

Copyright© 後悔しないマンション購入、基礎知識と注意点 , 2019 All Rights Reserved.