不動産売却

住宅ローンの返済途中でもマンション売却は可能か?

更新日:

不動産売買契約書の書類と印鑑

マンションを購入し、住宅ローンの返済を行っている途中に、そのマンションを売却したいということがありえます

例えば離婚したとか、より快適なマンションに買い替えをしたいとか。

このような場合は返済中でも売却は可能になります。ただしお金(諸経費)などを用意する必要があります

住宅ローン返済途中でもマンション売却をする時に必要なものをまとめてみました。

スポンサーリンク

「抵当権」は設定されるが「使用収益権」があるので利用や売却が可能

不動産売買契約書の書類と印鑑

住宅ローンで借りて、返済途中の状態は「抵当権」という権利がありますが、マンション所有者(購入者)には「使用収益権」があるので、返済中でもそのマンションを利用したり、売却したりすることができます。

「抵当権」や「使用収益権」については「住宅ローンとクレジットの審査の違い」でも紹介しています。

 

売却した金額と自分で用意したお金で「抵当権」を解除する

住宅ローン、お金、電卓、家

この「抵当権」というのは住宅ローン返済が終了するまで消えません。この「抵当権」を抹消することができないと、次のマンションを購入できません。

ではどうすれば良いのかというと、今住んでいるマンションを売却した金額と、自分で用意したお金を組み合わせることで、今返済中の住宅ローンが返済できれば済むのです。

  • 売却したお金+自分の貯めたお金>抵当権を解除できるお金

 

スポンサーリンク

取引を成立させるために諸費用も必要

ただしマンションを売却した時の金額と自分で貯めてきたお金は、「抵当権」を解除できるお金と比べて多くなければいけません

その理由は、マンションを購入してくれる人が現れても、「諸費用(諸経費)」を用意できなければ、取引を成立させることができないからです。

諸費用以外にも次の住宅(マンション・一戸建て)を購入するための資金も必要になってきます。

マンション売却を成立させるための諸費用について

  • 契約書に貼る印紙代
  • 決済時に登記を抹消するためのお金
  • 売却のための仲介手数料(売却の経費)

これらの諸経費がなければ取引が成立とならないので注意しましょう。現金を用意する必要があります。

 

まとめ

住宅ローン返済途中でも、諸経費と次の住宅資金(頭金や諸経費)住宅ローンの残債と売買代金の差額が用意できれば今のマンションを売却することが可能になります。

もし住宅ローンを返済中でも住み替えを今後希望する方は、毎月の貯蓄が必要になります。住宅ローンの返済と貯蓄を同時に行っていかないと、売却又は住み替えられないということを覚えておきましょう。

スポンサーリンク

関連記事と広告

カテゴリー

-不動産売却
-, ,

Copyright© 後悔しないマンション購入、基礎知識と注意点 , 2019 All Rights Reserved.