再開発

ららぽーと門真(仮称)概要と場所・アクセス(2022年出店予定)

商業施設「ららぽーと」ロゴ

大阪府門真市に三井不動産の大型商業施設「ららぽーと門真(仮称)」が出店する予定になっています。

元パナソニック工場跡地で、敷地面積を見るとかなり大きな店舗になります。

「ららぽーと門真(仮称)」の概要や場所・アクセス(行き方)について、今わかっている範囲内でまとめてみました。

 

スポンサーリンク

ららぽーと門真(仮称) 概要

商業施設「ららぽーと」ロゴ

三井不動産は2019年3月期の決算説明会の中で、2022年の商業施設主な新規プロジェクトとして「大阪府門真市松生町計画(ららぽーと門真:仮称)」の出店を予定していることを発表しています。

プロジェクト名大阪府門真市松生町計画(ららぽーと門真:仮称)
開業年度2022年
住所大阪府門真市
出店予定地パナソニック南門真地区
店舗等面積(延床面積)未定(約160,000㎡)

ららぽーと門真(仮称)が出店する場所は、パナソニック㈱アプライアンス社門真地区(南門真地区)がある場所です。

パナソニック本社は一部縮小・移転を計画しており、その跡地にららぽーと門真(仮称)が出店します。

パナソニック工場跡地から延床面積を判断すると、約160,000㎡であることがわかりました。

ららぽーとと言えば、毎年たくさんのエリアに出店していることでも有名ですが、最近オープンした「ららぽーと沼津」やオープンを計画している「ららぽーと美原(仮称)」などと比較しても、かなり大きな店舗面積であることがわかります。

2019年5月の発表では、2022年4月〜2023年3月までには開業予定だと公表しています。2022年中旬が予定されています。

 

スポンサーリンク

ららぽーと門真(仮称)場所・アクセス

大阪モノレール

  • 京阪本線「門真市駅」より徒歩10分
  • 大阪モノレール「門真市駅」より徒歩10分

ららぽーと門真(仮称)の最寄駅は京阪本線「門真市駅」と大阪モノレール「門真市駅」。

両駅はクロスしており、乗り換えポイントになっています。

門真市駅を下車すると中央環状線があるので、その道を南に行くと10分ほどで着きます。

シンプルに南に行くだけなので迷わないと思います。

ららぽーとと言えば比較的駅から遠い場所への出店が多いのですが、ららぽーと門真(仮称)は徒歩圏内なのと大阪市からも近いので、オープンすると人気の商業施設になることが予想できます。

 

ららぽーと和泉(仮称)は物流に便利

地図を見るとわかることは、ららぽーと門真(仮称)は物流において便利だということです。

このまま中央環状線を北に行くと「ららぽーとEXPOCITY(エキスポシティ)」があり、すぐ南には同じ三井不動産の「三井アウトレットパーク大阪鶴見」があり、そしてさらに南下すると「ららぽーと和泉」に着きます。

物流視点からすると、これまでも通ってきた道内に出店エリアを探していたことが予想できます。

 

ららぽーと門真(仮称)の新しい情報や出店店舗についてはわかり次第追記します。

スポンサーリンク

関連記事と広告

カテゴリー

-再開発

Copyright© 後悔しないマンション購入、基礎知識と注意点 , 2020 All Rights Reserved.