住宅購入・準備基礎

リビングダイニングキッチン(LDK)のレイアウト4つの特徴

投稿日:

リノベーション済みのマンション、キッチンとリビング

リビングダイニング(LD)とキッチン(K)の配置には、いくつかパターンがあります。

特にキッチンは家事の中で一番時間がかかります。台所仕事をしながら子供をみたりという、作業をしながら別の事をしたりということも多くあります。

そうなるとリビングダイニングとキッチンとのレイアウトが重要なポイントになってきます。

そこで今回はリビングダイニング(LD)とキッチン(K)のレイアウトの特徴についてまとめてみました。

自分たちにあう家事スタイルにあうキッチンを探してみてください。

 

スポンサーリンク

対面式キッチンとリビングダイニングのレイアウトの特徴

対面式キッチン

LDKのレイアウトの中で最も人気なのが対面式キッチンです。

対面式タイプはカウンターがあり、その向こうにリビングダイニング(LD)が配置されるのが特徴。LDにいる家族を見ながら台所仕事ができるようになっています。

  • 対面部分にカウンターがつくれる
  • カウンター越しにLDにいる子供・家族を見渡せる
  • LDにいる子供・家族とコミュニケーションが取りやすい
  • 収納スペースを多くとれる
  • キッチンの独立性もそこそこある

キッチンが壁側に設置されていないので、振り向く必要はありません。LDを見ながらの作業になるので、顔をあげると子供や家族を見ることができます。

カウンターを作れるのでそこでワンプレートランチを食べたり、出来上がった料理を置くことでテーブルに料理を持っていってもらいやすいのが特徴です。

壁側とカウンター側の2箇所あるので、収納スペースも増えます。ただし上部に吊り扉を設置するので、やや開放感は低くなります。

 

独立型キッチン(クローズドキッチン)とリビングダイニングのレイアウトの特徴

独立型キッチン

独立型キッチン(クローズドキッチン)はカウンターはなく、一つの部屋のように配置されています。

リビングダイニング(LD)が横にある場合によく配置される形です(向かいにあれば対面式キッチンが採用されることが多い)。

  • キッチンの独立性が高い
  • 台所仕事に集中できる
  • キッチンが散らかっていても、LDからはわかりにくい

中央にリビングダイニングがあり、その両側に洋室や和室を設ける場合、別の場所にキッチンを設置せざるを得なくなるので、独立型キッチン(クローズドキッチン)になることが多いです。

LDとKのレイアウトの中で最もキッチンの独立性が高いのが特徴。誰からも料理の邪魔はされません。

カウンターもないのでキッチン内が見えにくいので、多少散らかっていてもわかりません。

リビングダイニング(LD)にいる家族と話ができない配置ですが、赤ちゃんがキッチンに入りづらい配置でもあり安全性も高く、また料理にも集中できます。

家族とのコミュニケーションは取りづらいレイアウトですが、マイペースに料理をつくることができます。

 

スポンサーリンク

アイランドキッチンとリビングダイニングのレイアウトの特徴

アイランドキッチンとリビングダイニング

配置は対面式キッチンと似ていますが、こちらは上部に壁がないのが特徴

どちらかと言うとリビングダイニング(LD)の中に作業用のシステムキッチンを配置した形になります。

  • LDKの中にシステムキッチンを配置
  • 壁もないのでLDからキッチンが丸見え。開放感がある
  • 一方ではなく左右両方から出入りが可能
  • キッチン内の幅が広い
  • 家族や友達と複数で料理がしやすい
  • LDKのスペースが狭いとこの配置はできない

システムキッチンをリビングダイニング(LD)に島のようにポツンと配置するレイアウト

キッチン内もかなり広いので、キッチンとリビングダイニングをあわせた部屋のサイズがかなり必要とされます。

対面式キッチンよりもリビングダイニングからより丸見えになるので、常にキッチンを綺麗にしておく必要もあります。逆に綺麗にするのが普通になります。

料理中にコミュニケーションがしやすいのですが、リビングダイニングから話を頻繁にされるので、料理に集中しづらい環境でもあります。

以前アイランドキッチンのマンションに住んでいた時、当時子供が小さかったので、赤ちゃんがすぐキッチンに入ってくるので困った記憶があります。(しかしある時期を越えるとその数は減りました。)。

リビングダイニングからでも料理の手伝いができるので、子供が大きくなると一緒に楽しく料理ができるようになりました。

 

壁付きキッチンとリビングダイニングのレイアウトの特徴

壁付きキッチン

昔からある壁側にキッチンを配置するレイアウトになります。料理中はリビングダイニングにいる家族とは背を向けた形になります。

  • LDの広さを最もとれる配置
  • LDの広さが無い場合に一体型として設置されることが多い
  • LDの中にキッチンがある(配置による)
  • キッチンの独立性はないことが多い(配置による)
  • 新築マンションでは壁付きキッチンは減少傾向
  • 背を向けて料理をする
  • 赤ちゃん・子供がそのままキッチンに入られる

一般的な壁付きキッチンは、リビングダイニングが狭い場合、一体型レイアウトとなっています。この配置は新築マンションでは減少しています。

リビングダイニングの広さを最大限にとれるレイアウトですが、キッチンの独立性はありません。

壁付きキッチンは色々なレイアウトがあるのが特徴。昔ながらのリビングダイニングから丸見えの配置以外には、角につくる配置壁を設けるタイプなどもあり、新築マンションではこちらが多いです。

最近では壁で隠して壁の反対側に冷蔵庫を置くレイアウトもあるので、壁付きキッチンと言ってもすべてが丸見えというわけではありません。

部屋の角に設置することでバルコニーに行きやすいキッチンもあります。

 

スポンサーリンク

まとめ

キッチンとリビングダイニングのレイアウト4種類(対面式・独立型・アイランド・壁付き)

新築マンションに住みたい理由の一つに「対面式キッチンが使いたい」という要望が多いことから、ある程度広さがあるマンションでは対面式キッチンが主流です。

専有面積が狭い場合や、対面式キッチンがつくれない場合は、独立型キッチン壁付きキッチンになっているようです。

アイランド型キッチンは対面式キッチンとは似ていますが、キッチン内が広くとられるので、LDKのサイズが広い場合しかつくられていないようです

※アイランドキッチンのような上部に壁の無い対面式キッチンはあり。

マンションは同じような間取りが多くアイランド型キッチンよりは、対面式キッチンを配置するレイアウトが一般的です。

海外ドラマに出てくるようなオシャレなアイランド型キッチンにしたい時は、マンションギャラリーで訪ねてみるか、中古マンションを購入し、キッチンをリノベーションするが良さそうです。

スポンサーリンク

関連記事と広告

カテゴリー

-住宅購入・準備基礎

Copyright© 後悔しないマンション購入、基礎知識と注意点 , 2019 All Rights Reserved.