マンションのブランド名

ポレスター(マリモ)マンションの特徴

投稿日:

ポレスター(マリモ)webサイト

マリモの分譲マンションと言えば「ポレスター」です。それ以外にも「グラディス」「ソルティア」というブランド名もあります。

地元広島県からスタートしたマンション事業ですが、今では全国、世界展開するほど大きな会社になっています。

ポレスター、グラディス、ソルティアの特徴や、他社と異なる点について紹介します。

 

スポンサーリンク

ポレスター、グラディス、ソルティアの特徴

  • 設立:1970年
  • 営業地域:東京、横浜、中部、甲信越、関西、中国、九州
  • 会社:マリモ
  • コンセプト:
  • 会員限定サービス:マリモメンバーシップ

元々は設計事務所としてスタートした株式会社マリモは、設計図面の経験を活かして、開発、設計、施工、販売、管理までを総合的に担当するマンションデベロッパーとなりました。

マリモの分譲マンションは今や全国展開しており、その中でも関東エリアが最も多く、その次に中国エリア、東海・近畿エリア、甲信越・北陸エリアと続きます。

2位に中国エリアとなっているのは、マリモの本社が広島県にあるからです。中国地方からスタートし、関東圏に移り、そして全国展開となりました。

関西で見ると、大阪ではそれほど知名度はありませんが、兵庫県の方が供給数が多いです。本社により近い中国地方>岡山>兵庫の順になっています。

全国展開したマリモは、今では2年連続で販売戸数トップ20入りを果たしています。最近では中国、マレーシア、インドネシア、フィリピンなどにも展開中。

分譲マンション以外には、市街地再開発事業、賃貸マンション、収益不動産プロデュース事業なども行っています。

 

マリモには3種類のマンションブランド名がある

マリモの3種類の分譲マンションブランドロゴ(ポレスター、グラディス、ソルティア)

  • ポレスター(POLESTAR):スタンダードブランド
  • グラディス(GLADIS):ハイグレードブランド
  • ソリティア(SOLTIA):好立地、多くのオプションがある新しいブランド

マリモには3種類のマンションブランド名があります。それぞれが別々の名称なので覚えにくくなっています。

ほとんどのマンションは「ポレスター+地名」という名前を使用。それよりもワンランク高いハイグレードマンションには「グラディス+地名」という名前がついています。

グラディスはまだ関東圏、特に横浜あたりでしか見たことがありません。それだけにグレードの高いマンションにしか名前がつかないようです。

 

会員限定サービス「マリモメンバーシップ」

マリモメンバーシップに入会すると、新築分譲マンション、一戸建て情報や、マリモの商品・サービスをメールマガジンで受け取れます。

また会員限定のイベントや買い物やレジャーに使える割引もあるので、マリモの新築マンションをいち早く知りたいという方は入会しておきましょう。

 

他社とは異なる点

ポレスター(マリモ)webサイト

今や全国&世界展開しているマリモですが、本社は広島県にあります。やはり広島県を中心に中国地方でマンション供給をしているのが大きな特徴です。

地元広島から岡山などの地方の立地を知り尽くした経営で、この点は他社とは違う特徴と言えるでしょう。

 

次に挙げられるのが、全国展開をしている点です。この全国展開は日本だけに収まらず、いち早く海外にまで事業展開しているのも大きな特徴です。

中国以外に、マレーシア、インドネシア、フィリピンでマンション供給を行っています。どんどん企業が膨れ上がっています。

企業が大きくなりその土地に支店や事業所がおかれ、そこを知り尽くした担当者が見つけています。それぞれが独立した形になっているのがわかります。

 

そしてポレスターのマンションを中心に見て回って感じたのは、かなりの好立地な場所にマンションが建っているという点です。これは他社よりもいい場所だというのを見回って感じます。

好立地でありながら、比較的価格が安く抑えられているのもマリモの特徴です。それだけに買いやすいマンションが多いので、すぐに完売していくのも納得だと思います。

高級ハイグレードマンションもありますが、スタンダードマンションが多く、それが立地+低価格であることから、一般層が求めているマンションへのニーズがピタリとはまっているように感じます。それが「2年連続で販売戸数トップ20入り」という結果として出ています。

スポンサーリンク

関連記事と広告

カテゴリー

-マンションのブランド名

Copyright© 後悔しないマンション購入、基礎知識と注意点 , 2019 All Rights Reserved.