不動産売却

レインズとは?一般公開まではいつ?個人で閲覧はできるの?

更新日:

「レインズ」webサイト

マンション売却を希望するときに、重要な位置を占めるのが「レインズ」です。

マンション査定について知ろうとすると、このレインズという言葉が出てきます。

このレインズとはどういう意味なのか?またこのレインズは個人が閲覧できるのか?についてわかりやすく紹介します。

スポンサーリンク

レインズとは?

「レインズ」webサイト

レインズとは、不動産業者との間で情報を共有するインターネットデータベースのことを言います。

不動産流通機構がつくったデータベースで、ログイン形式になります。不動産情報を公開して、取引を円滑にすることを目的につくられました。

一般公開はいつ?

不動産会社は、販売する中古物件をレインズに5日又は7日以内に登録する義務があるので、レインズを見ると全てがわかるようになっています。

※ただし「マイソク(販売用図面)」の登録については任意となっています。

 

中古マンションを探す時にインターネットで「SUUMO(スーモ)」や「HOME'S(ホームズ)」などを閲覧して探すことが一般的ですが、これは個人で探す場合の限界になります。

プロ不動産業者が利用するのは、不動産流通機構の「レインズ」です。情報量が全く異なっており、個人では閲覧することができません

ここがポイント

特に「(同じような条件の住宅が過去に)実際にいくらの価格で取引されたのか?」「どの不動産会社が売却しているのか?」までも知ることができるようになっていて、「SUUMO(スーモ)」や「HOME'S(ホームズ)」などの販売価格とは異なり、「結果どうなったのか」までを知ることができるのです。

「SUUMO(スーモ)」や「HOME'S(ホームズ)」では売却されたら情報は消えてしまいますが、このレインズは消さずにその後も閲覧できるようになっているのが大きな特徴となっています。

 

レインズは個人閲覧は不可

「マンションが実際にいくらで売れたのか価格を知りたい」という思いはあると思います。

例えば、住んでいるマンションを売ろうとするときに、その近隣では本当はいくらで売れたのか?ということはマンション売却を希望する個人にとってはかなり重要な情報です。

これらを知りたいと思うのは当然の流れですが、レインズは個人で閲覧することができません

閲覧できるのは「宅地建物取引業者(宅建業)」の資格者だけ。宅建業の資格を取るとレインズのアカウント(IDとパスワード)を与えられます。

それを使って資格者のみがログインし閲覧できるものなのです。

 

スポンサーリンク

レインズの一部を公開しているサイトがあり、個人でも閲覧できる

「レインズマーケットインフォメーション」webサイト

ではレインズを見られない個人は全く閲覧できないのか?というと必ずしもそうではありません。

このレインズに掲載された成約事例を公開しているサイトがあります。名前は「レインズマーケットインフォメーション」(成約価格を基にした不動産取引情報提供サイト)。

「マンション」か「一戸建て」を選択し、後は「都道府県」と「地域」を指定した後に、追加地域や沿線、最寄駅、間取りなどから絞ることができます。

しかし、正確な住所やマンション名までは載っておらず、あまりおすすめできるものではありません。

結局のところ、レインズに頼らざるを得ないという現実があります。

レインズに登録されるのは「専任媒介契約」の売却物件だけです

スポンサーリンク

関連記事と広告

カテゴリー

-不動産売却

Copyright© 後悔しないマンション購入、基礎知識と注意点 , 2019 All Rights Reserved.