中古マンション選びの注意点

リノベーション済み中古マンションはお得そうに見えて実は割高な理由

リノベーション済みのマンション、キッチンとリビング

中古マンションを探していると、中にはリノベーション済みマンションというのがあります。

古い内装やキッチン、床などを大幅に変更して、住みたくなる部屋に変更してあるのでとても人気です。

普通リノベーションをすると費用がかかるので、価格はアップするのが普通ですが、それでも安すぎる時は別の問題があるということは以前書きました。

参考:立地が良くてリノベーション済みなのに格安な中古マンションには要注意

今回は一般的な話で、リノベーション済みの中古マンションは、見た目は新築並みに綺麗な内装を中古価格で購入できるのが一般的ですが、「実は中古マンションを自分でリフォームをする方がよりお得である」ということを書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

リノベーション済み中古マンションの特徴

リノベーション済みのキッチン

中古マンションを検索していると、その中にリノベーション済みというのが出てきます。

リノベーション済み中古マンションは、古いマンションだと売れないので、先に不動産会社がリノベーション(リフォーム)することで、新築並みの綺麗な部屋なのが特徴です。

中古マンションの中では、リノベーション済みの方が断然人気であり、売れ行きも上々なのです。

それでいて新築マンションよりも価格が安くて、キッチンやトイレ、クローゼットなど、今人気のものが揃っているということもあり、それが人気の理由になっています。

 

実はリノベーション済み中古マンションは価格が高い

リノベーション済みのマンション、キッチンとリビング

先ほど新築マンションよりは価格が安いということを書きました。

新築マンションと比較すると、当然安いのは誰でもわかることなのですが、実は「中古マンション」ということで考えると価格が高くなるのです。

では何に対して割高かというと、自分で中古マンションを購入し、購入直後にリノベーションすると費用を抑えることができます。

どれだけ費用が異なるのかをまとめてみました。

  • リノベーション済みの中古マンション:約1,000万円
  • 中古マンション購入後にリノベーション:200〜300万円

これをみると一目瞭然ですね。同じ中古マンションで比較すると、700〜800万円ほど割高になっているのがわかります。

結果的には同じ内装なのにこれだけの費用の差がでてきます。なぜこれほどの開きがあるのでしょうか?

 

リノベーション済みマンションには不要な費用が入っている

リノベーション済み中古マンションには幾つかの手間がかかっています。その順序を並べてみました。

  1. 中古マンションを購入費用
  2. 中古マンションの仲介手数料
  3. リフォームの費用
  4. 不動産会社の利益
  5. マンションを売却する仲介手数料

リノベーション済みマンションを造るためには、先に不動産会社が仲介手数料を支払い中古マンションを購入し、リフォームを行い、利益を上乗せした後に営業コストをかけて販売を行います。

普通の中古マンションと比べると不要な費用が加わっているので、リノベーション済みマンションは700万〜800万円ほど割高になるのです。

 

スポンサーリンク

最後に

中古マンションを探していると、ほとんどが古い部屋やキッチンなどが表示される中にリノベーション済み中古マンションが出てくると、これは欲しいとなりますね。

しかし、見た目の悪い中古マンションを自分で購入し、すぐにリノベーションするとトータルではより安く費用を浮かせることができるのです。

ただし、自分でリフォーム会社を探して、リノベーションしてもらう必要がありますが、思い通りにしてもらえるというメリットもあります。

私が購入した中古マンションは築5年だったこともあり、リノベーションをする必要はありませんでしたが、10年以上経っているとリノベーションを考えてみるのが快適で綺麗なので良いかと思います。

もしリノベーション済み中古マンションがいいと思われた方は、中古マンションの中からリノベーションできないか?と考えてみる方が良いのではと思います。

ただし、中古マンション選びはどれでも良いというわけではありません。耐震基準などを踏まえた上でその中から選ぶようにいましょう。

スポンサーリンク

関連記事と広告

カテゴリー

-中古マンション選びの注意点
-

Copyright© 後悔しないマンション購入、基礎知識と注意点 , 2019 All Rights Reserved.