中古マンション選びの注意点

中古マンション トイレの種類とリフォームにかかる設置費用

更新日:

高級トイレ

中古マンションを購入した場合、絶対に変更したいのがトイレです。毎日利用するものですからね。

トイレを最新型にするだけで、新築並みの優雅な気分になれます。

トイレリフォームの費用は、①設備機器と②工事費(組立費や解体費などを含む)の合計になります。

特にトイレのグレードが幅広くあるので、その設備機器によって大きく価格が変わってきます。

 

スポンサーリンク

トイレの種類

タンク一体型トイレ

トイレを大きく分けると、後部にタンクがあるものタンクがないものに分かれます。

「標準型」は便座の後ろにタンクがあり、そこで手を洗えるようになっているタイプです。

それに対し、「高級仕様」はタンクが無い(タンクレス)トイレは便器のみ。タンクがないので別途手洗い場を設ける必要があります。

今はウォッシュレット(温水洗浄便座)が一般的で、便器が一体型のものと、組み合わせたものとに分かれます。これによって価格が変わってきます。

タンクありの組み合わせ型が一番価格が安く、その次にタンクあり一体型(TOTOピュアレスト約18万円)、そしてタンクレス(TOTOネオレスト約40万円)が最も高くなります。

タンクありは以前よりはコンパクトにはなっていますが、子供や高齢者には手洗いがしづらい場所にあります。

それに対しタンクレスの方がよりシンプルで、スペースにゆとりもあり、掃除もしやすくなっています。

グレードアップの性能

主にタンクレスタイプは種類も豊富になっており、トイレの蓋の自動開閉や便器の自動洗浄するタイプもあります。

  • 便器の蓋の自動開閉:手で開閉する必要がなく、清潔に使える
  • 便器を自動洗浄:トイレから離れると自動的に除菌洗浄する
  • 自動脱臭:トイレから離れると自動的に匂いを取り除く機能
  • 壁のリモコンで操作:温水洗浄、水流の調整、水流しなどをリモコンで操作できる
  • 汚れがつきにくい便器:汚れがつきにくい新素材便器が登場

汚れがつきにくい便器はTOTOでは最高級「ネオレストNX」など。まるで卵のような形をしています。

日々トイレは進化しており、トイレのグレードによって大きく価格が変わってきます。

 

トイレの設置費用

高級トイレ

中古マンションでのトイレリフォームの場合、便器の交換(取り外し、解体撤去、設置工事)、内装の壁紙の張り替え、収納棚など、お好みで変更してくれます。

  • 便器の費用
  • 便器の交換:取り外し、解体撤去、設置工事
  • 内装の壁紙の張り替え
  • 収納棚の有無
  • 修繕費:床下が傷んでいる場合

どこまで変更するかによっても大きく費用は変わってくるのがわかります。特に収納棚は便利ですが、その分費用はかかります。

多機能トイレは何でも自動で行ってくれる分、電気代や水道代の維持費が高くなる傾向があります。

タンクあり便器の設置費用(一例)

  • 材料費:便器(タンクあり)・フローリング
  • 解体工事費
  • 機器取り付け費
  • 内装工事費
  • 合計:38万円

タンクレス便器の設置費用(一例)

  • 材料費:便器(タンクレス)、手洗いカウンター、フローリング
  • 解体工事費
  • 機器取り付け費
  • 内装工事費
  • 合計:45万円

タンクレスはタンクありよりもグレードが高いのでその分割高になっています。別途手洗いカウンターを設置しています。

タンクレスは他にもランクがあり、まだ上のグレードがあります。

スポンサーリンク

関連記事と広告

カテゴリー

-中古マンション選びの注意点
-,

Copyright© 後悔しないマンション購入、基礎知識と注意点 , 2019 All Rights Reserved.