再開発

大阪公立大学 森ノ宮新キャンパス(2025年4月)概要と開発

大阪城東部土地利用・基盤整備計画と大阪公立大学 森ノ宮キャンパス

大阪府と大阪市の共同事業が進んでいます。その一つに大阪府立大学と大阪市立大学の統合があります。

統合後は「大阪公立大学」となり2022年4月より開学します。

その中で話題になっているのが森ノ宮に新キャンパスを2025年4月から竣工することです。

大阪公立大学 森ノ宮新キャンパスの概要第1期、第1.5期の開発からわかることをまとめてみました。

 

スポンサーリンク

大阪公立大学 森ノ宮キャンパス 概要

大阪城東部土地利用・基盤整備計画と大阪公立大学 森ノ宮キャンパス

出典:大阪城東部土地利用・基盤整備計画(大阪市)

大阪公立大学は、大阪府立大学と大阪市立大学の統合により学部入学定員数は2,853人、生徒数が16,000人となります。

これは全国の大学でみた場合、大阪大学と東京大学についで3番目に多い学部入学定員数となります。また公立大学だけで見ると日本最大になります。

  1. 大阪大学:3,255人
  2. 東京大学:3.063人
  3. 大阪公立大学:2,853人

その大阪公立大学ですが、1回生と2回生が使用する「森ノ宮キャンパス」を現在建設中です。

大阪公立大学の設立は2022年4月ですが、森ノ宮新キャンパスの開校は2025年4月からを予定しています。

  • 場所:大阪市城東区(森ノ宮駅〜大阪城公園駅の東地区)
  • 森ノ宮キャンパス:1回生と2回生用の校舎
  • 専有面積:108,500㎡
  • 森ノ宮キャンパス:基幹教育部、文学部、リハビリテーション学部、生活科学部、都市シンクタンク・技術イノベーション機能部

現在、大阪城東地区の都市開発「大阪城東部地区まちづくり」を行い、そのメイン整備として大阪公立大学があります。

森ノ宮キャンパスの誘致をメインにし、大阪ヒガシの拠点づくりを行っています。

 

スポンサーリンク

大阪公立大学 森ノ宮キャンパス の開発

大阪府立大学の森ノ宮キャンパスは第1期と第1.5期、第2期の3回に分けて開発されています。

開発開発時期開発内容
第1期2025年4月まで森ノ宮キャンパスの設計・建設工事・開校まで
第1.5期2025年以降
  • 東西動線(鉄道)の整備
  • もと森之宮工場(ごみ焼却工場)暫定利用

 

第1期開発

大阪公立大学 森ノ宮キャンパス の開発(第1期)地図

出典:大阪市の土地利用・基盤整備計画を元に大学名と駅名を追加

第1期の開発(2025年4月まで)では、大阪公立大学 森ノ宮キャンパスの建設工事がメインになります。場所は「もと建替計画地(約2.6h)」。

第1期は森ノ宮キャンパスの設計・建設工事・開校までとなるので、2025年4月の時点では駅からの動線はまだ行わません

 

UR森之宮第2団地と大阪公立大学 森ノ宮キャンパス工事

上の写真の右にある建物が「UR森之宮第2団地」で、その右奥に大阪公立大学 森ノ宮キャンパス工事が行われています。

実際に森ノ宮駅から歩いてみたところ、徒歩13分ほどかかりました

2025年4月までに森ノ宮キャンパスが完成しますが、この時点ではJR大阪城公園駅からは行くことができないので、森ノ宮駅から歩く必要があります。

この写真の道路は「豊里矢田線」と言い、シンボルアベニュー(仮称)として整備するのも第1期開発に入っています。

 

大阪公立大学森ノ宮キャンパスに向かう「豊里矢田線(シンボルアベニュー)」

豊里矢田線を歩道橋から撮影。この道がシンボルアベニュー(仮称)になります。

この道路は東西に車が行けないので、比較的交通量は少ないほうです。

 

第1.5期開発

大阪公立大学 森ノ宮キャンパス の開発(第1.5期)地図

出典:大阪市の土地利用・基盤整備計画を元に大学名と駅名を追加

第1.5期からの開発では、大阪公立大学 森ノ宮キャンパスの動線その周辺の開発がメインになります。

上の地図を見るとわかるように、大阪公立大学森ノ宮キャンパスの西側を見るとJR大阪城公園駅があります

ここには鉄道の車庫などがありますが、この上に専用の動線を作ります。

JR大阪城公園駅から森ノ宮キャンパスに向かう歩道橋は、JR大阪城公園駅から商業施設「ジョーテラスオオサカ」に直結している橋とつながる可能性があります(あくまで予想です)。

この歩道橋の完成より、森ノ宮駅から徒歩13分ほどかかる時間を大幅に短縮し、JR大阪城公園駅から徒歩5分ほどで大学に行くことができるようになります

また第1.5期では森ノ宮キャンパス前に「シンボル広場(仮称)」の設置と、北側の京橋駅に抜ける道の開発も行う予定になっています。

この第1.5期開発は、2025年以降を予定していますが、速やかに行うということで、予定より早まるかもしれません。

スポンサーリンク

関連記事と広告

カテゴリー

-再開発

© 2020 後悔しないマンション購入、基礎知識と注意点