中古マンション選びの注意点

中古マンションのリフォームの前に共用部分と専有部分を知っておこう

更新日:

リノベーション済みのキッチン

中古マンションを購入すると、状態によってはリフォームやリノベーションをする必要が出てきます。

ちなみにリフォームとリノベーションの意味の違いは下の通りです▼

リフォームとリノベーションの違い

  • リフォーム(老朽化した建物を新築の状態に戻すこと)
  • リノベーション(大規模工事をして新築以上の性能・価値にすること)

マンションは自分のものだけではありません。専有部分もありますが、共有部分もあるので注意が必要です。

知らずに変更した場合、裁判にも発展することもあり得ます。リフォームやリノベーションをする前に「どこまで工事が可能か?」「どこからがダメなのか?」を先に知っておくことが重要です。

リノベーション、リフォームの注意点について幾つか紹介します。

スポンサーリンク

マンションには共用部分と専有部分がある

マンション入口前の廊下

マンションはみんなでスペースを分けて生活している分、共有部分と専有部分に分けられています

共有部分と専有部分について詳細を見ていきます。

  • エレベーター:共用部分
  • 外壁:共用部分
  • 自転車置き場:共用部分
  • エントランス:共用部分
  • 廊下・階段:共有部分
  • 高架水槽:共有部分
  • 屋根:共用部分
  • 窓:共用部分
  • バルコニー:共用部分
  • 住居内部:専用部分

自分の部屋の外壁が共用部分なのは、他の部屋と統一感のある景観を維持するためです。

ほとんどがイメージできますが、自分の部屋にある窓やバルコニーは「共有部分」にあたります(厳密には専用使用権のある共用部分)

ここは見落としがちなので注意!住宅内部は専用部分になります。

ざっくりとはこんな感じですが、例えば給水管だけでも「共用給水管」と「専有給水管」とに分かれています。リフォームをするにはデリケートな場所もありますね。

その他、部屋の廊下は専有部分ですが、外は共有部分になるので注意しましょう。

 

マンションの窓やバルコニーが共用部分にあたる理由

ではなぜ窓やバルコニーは共有部分なのでしょうか?その理由は火災や地震が起こった非常時と関係しています。

もし火事や地震が起こった時は、ベランダから非難する可能性もあり得ます。

その時に、ベランダにずらっとベランダ菜園が並んでいて避難できないことや、鉢植えが自分の部屋との仕切り板の前にずらっと並んでいると、いざという時に避難ができません。

避難時の避難路確保のための利用という意味で「共用部分」となっているのです。

関連中古マンション 窓のリフォーム注意点(内窓・サッシ・ガラス)

 

共用部分は勝手にリフォームしてはいけない

共有部分は勝手にリフォームしてはいけません。

自分の部屋の中は問題はありませんが、上で紹介した給水管や廊下などは、共有部分と専有部分があるので特に注意しましょう。

専有部分なら大丈夫ですが、共有部分は勝手に変更できません。自分の部屋の前の廊下であっても変更できません。もちろん端であっても共用部分なら変更できません。

どうしても変更したいのなら、同じマンションに住んでいる管理組合の決議が必要になります。

もしホームインスペクターに見てもらった時に、共用部分の劣化が目立つようであれば、伝えてもらうようにしましょう。

 

スポンサーリンク

リフォームできる場所、できない場所

マンション玄関のチャイム

リフォームのできる場所とできない場所を一般的に見ていましょう。

  • 鉄筋コンクリート製の屋内壁の撤去:×共用部分
  • 壁紙の張り替え:○専有部分
  • 二重サッシに交換:×共用部分(他に方法がある)
  • システムキッチンの入替え:○専有部分
  • カメラ付きインターホンに変更:×共用部分(ただしマンションによる)

一般的に見た場合のできるできないをまとめてみました。

カメラ付きインターホンに変更する場合は、家の外になるので共用部分となり、基本的には変更できません。

ただし、例外としてOKが出ているマンションもあります(全てがそうというわけでは無いので必ず確認が必要です)。

二重サッシも先ほど紹介したように、窓は共用部分となるので変更できませんが、他に方法があります(話が少しややこしくなるので省略)。

 

共用部分を無断で変更したらどうなるの?

共用部分を無断で変更してしまった場合は、原状回復義務元の状態に戻すことが義務付けられています

マンションの管理規約によって異なるので、マンション規約をよく読むようにしましょう。

 

共用部分以外に、そのマンションの管理規約で決められている独自のルールもあるので、事前に管理組合に確認することが必要です。

どこまでが共有部分かがわからずにリフォームしてしまうことが多いので、リフォームする前には必ず管理組合と工事内容について相談するようにしましょう。

スポンサーリンク

関連記事と広告

カテゴリー

-中古マンション選びの注意点
-

Copyright© 後悔しないマンション購入、基礎知識と注意点 , 2019 All Rights Reserved.