不動産売却

短期で売却することになっても、中古マンションだと損金が少ない

不動産売買契約書の書類と印鑑

マンションを購入し住宅ローンの支払いがスタートしてしまうと、まとまった現金を用意しないと、いざという時に売却は難しいということは「住宅ローンの返済途中でもマンション売却は可能か?」という記事にも書きました。

しかし、中古マンションを購入した場合であれば、早期に手放すことになっても損することは比較的少なくなります。

なぜ損が少なくなるのか?また、どのような場合は大きく損することになるのか?についても紹介します。

スポンサーリンク

新築マンションは値下がり率が高い

タワーマンション

新築マンションを購入すると、購入したその瞬間から中古マンションに代わり、大きな値下がりになります。

立地条件などを含めた良質なマンションを購入していればまだ下落幅は少ないのですが、新しいというだけで価格が高かったマンションだと、他に魅力がないため、短期で売却することになった場合は、値下がりの幅が大きくなってしまいます。

このようなことがあるので、新築マンションを購入する場合は、立地条件や環境、小学校区などの誰もが欲しがる場所を探すようにしましょう。

参考:マンションは売却や貸出を意識して選ぼう

 

中古マンションは短期で売却しても損金が少ない

多棟型マンション

古くて安い中古マンションは購入してすぐに売却することになっていもそれほど売却損が生じません。

住宅ローンの返済途中でもマンション売却は可能か?」でも書いたように、住宅ローンの抵当権を解除するために現金を用意する必要もなく、売却がしやすいのです。

新築マンションを購入して中古マンションとして売却する場合は、異なった市場での売却となります。

それに対し、中古マンションだと中古で購入して中古で売却することになり、類似の売却方法ができるので、短期で手放すことになったとしても失うお金の額が少なくて済むのです。

例えば、中古マンションを購入し4年間住んだ場合、家賃が13万円の部屋に暮らしていたのであれば(近隣の賃貸マンションの相場より判断します)、624万円の出費となります。

  • 13万円×12ヶ月×4年=624万円

中古マンションを購入し4年で手放す場合、価格が624万円も下落するという事例は過去に見たことがないことから判断しても、中古マンションはお得であるということがよくわかります。

 

中古をリフォームすれば価値も上がる

中古マンションを購入しすぐにリフォーム(リノベーション)したマンションの場合だと、もし仮に早期に売却することになったとしても価格差が小さくなります。

中古マンションの価格にリフォームを加えることにより、価値と売却価格がアップすることで価格差が小さくなるのです。

これだと売却損による現金の用意をする心配がより少なくなります。

スポンサーリンク

関連記事と広告

カテゴリー

-不動産売却
-,

Copyright© 後悔しないマンション購入、基礎知識と注意点 , 2019 All Rights Reserved.