住宅購入・準備基礎

北向きマンションのメリット・デメリット

マンションを見上げてみえる建物と空

マンションを購入するときにまず確認することが南向きであることです。

私は現在南西角部屋に住んでいますが、常に太陽が当たって洗濯物が乾きます。西側については夏場は厳しいのですが、冬から春にかけてある時間帯があたたかくて、暖房がいらないぐらい。結構満足してます。

それに対し、人気が無いのは北向きの部屋。太陽は南側からさすので、北向きだと太陽があたりません。1日中ジメジメ湿気のイメージがありますね。

そういう理由から人気がありませんが、実は生活パターンに当てはまる人は逆にメリットとなるのです。

今回は北向きの部屋のメリット・デメリットについてまとめてみました。

スポンサーリンク

北向きの部屋のデメリット

マンションを見上げてみえる建物と空

まずはデメリットから。

  • 1日中太陽の直射日光が当たらない
  • 冬は寒い

このあたりはイメージがつきやすいと思います。直射日光が全くあたらないので、冬は寒いと感じると思います。(ただ寒いと感じるのは北向きだけの理由ではありません。壁よりだからという理由もあります)

太陽があたらないので1年中ジメジメしているイメージがありますが、実はそうではなく、部屋の暗さは場所によります。

部屋の暗いと感じるのは、すぐ隣にビルやマンションがある場合です。北側でも前に建物がなければ明るいですよ。

特にマンションの上層階だと以外と明るいです。大きな建物が近くにないか、そちらの方が重要になります。

 

北向きの部屋のメリット

高層ビルや高層マンションと空

次はメリットを紹介します。

  • 夏場は涼しい
  • 家具が日焼けしない
  • 日中は家にいない人には気にならない
  • 南向きよりは価格が安い

知人が北向きの高層マンションに住んでいますが、意外と明るいです。夏場にお邪魔したときは冷房がいらないぐらいに快適でした。

日本では北向きは人気がないので、南向きの部屋よりは価格が安くなるのでお得です。また、家具が日焼けしないなどのメリットがありますね。

朝から昼にかけて仕事で家にいないことが多い方、午前中に寝ている方には向いていると思います。自分の生活パターンをイメージしてあっているのかを考えてみましょう。

 

スポンサーリンク

最後に

北向き=部屋が暗いという思い込みがありますが、実際は明るい部屋もあります。部屋の明るさと日照時間とは違います

北側に景色の良い場所であれば、それらを毎日見られるというメリットもあります。

カビが生えやすいイメージがありますが、実際にカビが生えやすいのは、風を通せない理由がある場合です。北側でも両端の窓を2箇所開けて通風できる間取りの場合はカビは生えません。

最近では色々な働き方があるので、午前中はいない方、または寝ている方にはこの北側の部屋は気にならないのではと思います。

ただし低層階ですぐ近くに建物がある場合は暗いので注意してください。近くに建物がある場合は、北向きに関係なく暗いです。

関連西向きマンションのメリット・デメリット

関連マンションの住戸価格は階数、広さ、間取り、方角により決まる

スポンサーリンク

関連記事と広告

カテゴリー

-住宅購入・準備基礎
-

Copyright© 後悔しないマンション購入、基礎知識と注意点 , 2019 All Rights Reserved.