住宅購入・準備基礎

高級マンションで設置されることが多い設備を紹介

投稿日:

高級マンションの設備(洗面台・浴室・埋め込みエアコン・ウォークインクローゼット)

マンションを購入するとオプションなどで別途設備を追加することが可能ですが、高級マンションの場合は、それらが標準として設置されていることが多いです。

また、標準マンションよりも、高級マンションにしか設置されていない仕様・設備というのもあります。

ラグジュアリーホテルをイメージするとわかりやすいと思います。部屋もシックにできています。

そこで今回は高級マンションで多く採用されている設備についてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

広いウォークインクローゼット(WIC)

広いウォークインクローゼット

標準マンションでもウォークインクローゼット(WIC)はありますが、高級マンションの場合は、さらに広いウォークインクローゼットになっています。

ウォークインクローゼットが狭いと、たくさんの洋服を持っている人は全部をかけられない問題が発生しますが、高級マンションだとその心配はありません。

ウォークインクローゼットに入った瞬間に、目的の服を見つけられるぐらい広い収納スペースになっています。

またその場合は、あわせて大きなミラー(鏡)も設置されているので、その場所で服を着替えてドレスルームとして姿見も可能になっています。

 

シューズインクローク(シューズインクローゼット)

シューズインクローゼット

標準マンションだと玄関の靴箱は開閉するとその場に靴を置くだけのものですが、シューズインクローク(シューズインクローゼット)の場合は人が中に入って靴を置くタイプになっています。

奥行きがあるのでウォークインクローゼットの靴バージョンです。

ただし外廊下に面した間取りのマンションだと設置が難しいので、シューズインクロークがある高級マンションは限定されてきます。

 

 

スポンサーリンク

1620以上の浴室

バスルーム(壁が高級仕様)

標準のマンションでは浴室サイズが1418(140cm×180cm)が一般的です。

高級マンションは専有面積も広くなり、100㎡以上のものもあります。その場合は160cm×200cmの1620が設置されることが多く、場合によっては1822(180cm×220cm)などもあります。

マンションによっては角部屋だけが1620の浴室が採用されている場合もあります。

浴室サイズについて詳しくは下の記事もあわせて読んでみてください。

関連システムバス(浴室)の各サイズ、1418や1620の意味

 

天井埋め込みエアコン

天井埋め込みエアコン

エアコンが天井に埋め込まれたタイプ。エアコン特有の出っ張りがないのが特徴で、スッキリとした高級感があります。

通常のエアコンよりはトータルコストがかかりますが、空間をおしゃれでいられます。

埋め込み型やカセット型など種類が複数あり、4方向に風が出るオフィスでよく使われているタイプもあります。

 

スポンサーリンク

ダブルボウル(横並び洗面台)

洗面台

洗面台が2台横に並んだものをダブルボウルと言います。化粧室の洗面ボウルが2つ並んでいるので、家族が同時に使いたい時に助かります。

朝の洗面台の利用は不思議と重なるので、家族が多い場合は大助かりです。

ダブルボウルはスペースが必要になるので、専有面積が100㎡以上でしか見かけたことがありません。

 

広い玄関ホール

マンションの玄関は狭い傾向がありますが、高級マンションの場合はまるで一戸建てのようにスペースが設けられているものがあります。

あまりに広いので靴やブーツを履くのに便利なミニベンチを置ける余裕があるほど。

車いすやベビーカーなどで入っても、他の家族が余裕で靴の脱ぎ着できるスペースがあります。

 

その他

最後に標準マンションとの境界線がわかりにくいもので、トイレやバスルーム、キッチンなどがあります。

これらは標準マンションのオプションで付けられている場合と、高級マンションの標準で付けられている場合があります。

トイレや、バスルーム、キッチンなどは凝れば凝るほど価格が跳ね上がるので、高級マンションでもオプションの場合もあります。

スポンサーリンク

関連記事と広告

カテゴリー

-住宅購入・準備基礎

Copyright© 後悔しないマンション購入、基礎知識と注意点 , 2019 All Rights Reserved.