再開発

2025年大阪・関西万博の鉄道アクセス計画。大阪メトロ・JR・京阪の延伸

2025年大阪万博の鉄道延伸マップ、大阪メトロ中央線、JRゆめ咲線、京阪中之島行き

2025年の大阪万博「EXPO25(2025年日本国際博覧会・エキスポ2025)」開催により、鉄道の交通アクセスが大きく様変わりします。

特に変更されるのは①大阪メトロ中央線と②JRゆめ咲線、③京阪中之島線の延伸です。

現時点でわかっている範囲での大阪万博周辺の鉄道整備についてまとめてみました。

※新型コロナウイルス感染拡大により、大阪万博や交通整備に遅れが出ているため、今後変更や延期される可能性もあります。

 

スポンサーリンク

大阪メトロ中央線がコスモスクエア駅から夢洲駅(仮称)まで延伸

大阪メトロ中央線

2025年大阪万博は夢洲で開催されます。

舞洲までの交通手段として、まず最初に計画されているのが大阪メトロ中央線の延伸です。

 

夢洲周辺の交通アクセスマップ

出典:第8回関西のインフラ協会を進める会

現在、大阪メトロ中央線は「コスモスクエア駅」が終点ですが、そのまま北港テクノポート線として「(仮称)夢洲駅」まで延伸予定になっています。

  • 九条駅→弁天町→朝潮橋駅→大阪港駅→コスモスクエア駅→(仮称)夢洲駅[終点]

これまで「コスモスクエア駅」は南側に行くニュートラムに乗り換えでしたが、北側にある夢洲に行く場合は、そのまま中央線に乗ったまま「(仮称)夢洲駅」まで行くことができるようになります。

予定では2024年に延伸予定になっており、その後は夢洲周辺の商業施設やマンションなどの不動産開発も計画されています

 

スポンサーリンク

JRゆめ咲線が桜島駅から舞洲駅と夢洲駅まで延伸予定

JRゆめ咲線「桜島駅」

「ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)」行きの電車でお馴染みのJRゆめ咲線。JR環状線からは西九条駅で乗り換えします。

現在、ゆめ咲線の終点はUSJがある「ユニバーサルシティ駅」の次の駅「桜島駅」までですが、条件次第で延伸の予定があることをJR西日本は発表しました。

その条件とはIR誘致が決まること。

IR誘致が決まれば、桜島駅から(仮称)舞洲駅(仮称)夢洲駅まで延伸するという計画があります。

  • JR西九条駅→安治川口駅→ユニバーサルシティ駅→桜島駅→(仮称)舞洲駅(仮称)夢洲駅

ただ、新型コロナウイルス感染拡大により、当初のプランが変更される可能性が出てきています。

IR誘致の件は今後どうなるか動向に注目です。

 

スポンサーリンク

京阪中之島線が中之島駅から九条駅まで延伸し大阪メトロに乗り入れ

京阪電車中之島行き普通

京阪中之島線は「中之島駅」以外はそれほど利用されていません。

なんとか中之島線の利用者数を増やしたい京阪ホールディングス(HD)は、将来夢洲方面に延伸案を計画していました。

最初に出たのは「西九条駅」を経由し夢洲に延伸する計画です。西九条駅はJR環状線、JRゆめ咲線、阪神が乗り継いでいることから京阪は希望しています。

しかし当初予定した西九条駅を、最近は九条駅停車に計画を変更しています。

京阪ホールディングス(HD)は夢洲のIR誘致が決まれば、中之島駅から大阪メトロ中央線の九条駅につなぐという案をだしています。

九条駅から夢洲までは大阪メトロ中央線にまかせるという考えです。

IR誘致が決まった場合、構想ではIRが開業される2024年までに中之島駅から九条駅まで延伸。その後、九条駅から西九条駅に延伸するという二段階計画を発表しました。

  • 九条駅:大阪メトロ中央線「九条駅」に乗り換えができる(2025大阪万博、IRなど)
  • 西九条駅:JR環状線、JRゆめ咲線、阪神電車「西九条駅」に乗り換えができる(USJ観光客)

地図で確認したところ、九条駅と西九条駅の両方を延伸するプランの場合、九条駅から西九条駅を通るには直角に曲がる必要があります。

ただ独自に夢洲までいくよりは、JRや大阪メトロ中央線と経由する方が確実に利用者数が増えます。

国内旅行者や外国人観光客がUSJの後に京都に移動するということが可能になります。

 

新型コロナウイルス感染拡大により鉄道整備計画が難しくなる

ここからは追記になります。

新型コロナウイルス感染拡大により、2025年大阪万博やカジノを含んだ統合型リゾート(IR)の計画が順調に進まなくなっています。

遅れるカジノ誘致、夢のIR特急は…鉄道整備計画に暗雲」によると、2020年7月現在、大阪メトロ中央線の延伸は決定しているものの、JRと京阪の延伸計画は暗礁に乗り上げています

  • 大阪メトロ中央線:延伸決定
  • JRゆめ咲線:IR開業前提だが、そのIR誘致が難しくなっている
  • 京阪中之島線:IR開業前提、事業性を見極めて決定

JRも京阪も夢洲のIR誘致が前提となっていますが、新型コロナウイルス感染拡大以降、鉄道会社自体の経営が難しくなっているのと、世界中のIR事業者が閉鎖に追い込まれており、日本参入が難しくなっているという2点から鉄道延伸が後回しになっているのが現状です。

この状態で進めば、2025年の大阪万博は、大阪メトロ中央線のみの延伸となり、夢洲への輸送手段が限定されてしまいます。

大阪メトロは混雑するので、バスの本数が増えそうです。

スポンサーリンク

関連記事と広告

カテゴリー

-再開発

© 2020 後悔しないマンション購入、基礎知識と注意点